HOME » 知っておきたい!iPhone修理の質問大特集 » Appleの保証サービスには入っておくべき?

Appleの保証サービスには入っておくべき?

iPhoneを初めとするAppleの製品には、通常1年間の保証が付いています。また、この保証期間を1年延長し、2年間保証にできるAppleCare+というオプションサービスがあります。Appleの保証サービスといったら、主にこのAppleCare+のことを指します。このページでは、AppleCare+について紹介しています。

そもそもAppleCare+ってどんなサービス?

AppleCare+とは、簡単にいえば2年間、iPhoneが故障した際の修理代金が安くなるというサービスです。加入料金は14,800円(税別)。この金額を支払っておけば、動作不良なら無料、水没や破損などの故障なら7,800円で修理をしてもらえる、ということです。

基本的にiPhone購入時から30日以内であればAppleCare+に加入することができます。料金は加入時に一括払いしなくてはいけないようですが、携帯ショップで加入する際は分割払いにできるみたいです。

AppleCare+に加入するとどれくらいオトクになるのか

それでは、AppleCare+に加入することでどれほどオトクになるのかを見ていきましょう。しかし、故障といってもそこまで頻繁にするものではないと思うので、2年間に1回程度で考えてみます。

ガラス割れの場合(iPhone6の場合)

iPhone故障で最も多いと言われているガラス割れを例にあげて、その内訳をみていきましょう。

通常 14,800円
AppleCare+に加入 7,800円

なるほど…。半額近くになるわけですね。これはオトク!…と思った方。ちょっと待ってください。確かに上記はかなりオトクに見えますが、AppleCare+は加入時に14,800円かかっていることを忘れないでください。要するにAppleCare+に加入すると、1回のガラス修理をするためにトータルで22,600円もかかっているんです。

それでは、一体何回ガラスを割れば、通常よりもAppleCare+加入時の方がオトクだといえるのでしょうか?そのトータル価格を以下にまとめてみました。

  通常 AppleCare+に加入
加入金 0円 14,800円
1回目 14,800円 22,600円
2回目 29,600円 30,400円
3回目 44,400円 38,200円

【結論】iPhone6の場合、2年間でガラスを3回割らないとオトクにならない!

少し無理やりな結論ですが(笑)、このような結果になりました。しかも、オトクだといってもかかるお金は40,000円でやっとおつりが出るくらい…。こんなに修理代がかかるんだったら、3回もガラス割れするくらい乱雑に使わないよ…。2年間ちゃんとキレイに使うよ…。

もしiPhoneが故障してしまったらどうすればいいの?

iPhone修理業者に頼むという選択肢もあります

AppleStoreや携帯ショップといった正規店ではなく、スマホの修理を専門的に行なっている業者があります。これらの業者は非正規店と呼ばれており、かなりオトクな価格で故障したiPhoneの修理を行なってくれます。

iPhoneを使っている方の中には、非正規店に依頼はしたくない!と考える方もいるようですが、そういった考えはとくになく、安く済ませられるならいいや!といった思考の方にはおすすめです。このサイトでは横浜西口で評判の良いiPhone修理業者を厳選して紹介していますので、ぜひご参考になさってくださいね。

横浜駅西口ユーザーは要チェック!
iPhone修理をオトクにできる業者5選